挨拶―原爆の写真に寄せて


 「挨拶」という題名は、朝出勤してきた同僚に「オハヨウ」と呼びかけるノリでつけたようです。戦後しばらくは原爆の写真の公開はアメリカ軍により禁止されていました。その禁止が解かれての8月6日の朝、出勤を示す名札の上に、当時そこに勤めていた石垣さんはこの詩を張り出したようです。(詳しくはこちらをごらんください。)

 これをもとに、詩を分析してみましょう。


 先生用の指導のヒントをブログにアップしました。

 興味のある方は、こちらへどうぞ。


 

あ、

この焼けただれた顔は

一九四五年八月六日

その時広島にいた人

二五万の焼けただれのひとつ

 

すでに此の世にないもの 

この詩と一緒に、このような写真が張り出されたそうです。

今では考えられないシチュエーションですね。

 

とはいえ

友よ

向き合った互の顔を

も一度見直そう

戦火の跡もとどめぬ

すこやかな今日の顔

すがすがしい朝の顔を

 

 

作者の職場の同僚に呼びかけている部分です。

出社した職員は、名札を裏返しにします。その名札の上にこの詩は掲げられました。同僚に「オハヨウ」の挨拶をします、という意味なのでしょう。

誰もが、戦後平和になって、みんな「すこやか」で「すがすがしい」顔をして朝の挨拶を交わしている光景ですね。

 

その顔の中に明日の表情をさがすとき

私はりつぜんとするのだ

 

地球が原爆を数百個所持して

生と死のきわどい淵を歩くとき

なぜそんなにも安らかに

あなたは美しいのか

  

 そんな爽やかな顔が、明日も同じ顔でいられるでしょうか。もしあの8月6日のようなことがあったら、「明日の表情」は、写真のような顔になっているかもしれません。それを思ったとき「私は慄然とする」のです。

 この詩が職場に張り出されたのも、あの8月6日。ねらってのことです。「原爆を数百個所持して」(現在はもっとずっとたくさんあります)、アブナイ指導者がいつ核のボタンを押すかわからない……そんな「生と死のきわどい淵を歩く」現在、再び核の悲劇が繰り返されることはない、とは言えません。

 なのに「なぜそんなにも安らかに」「美しい」顔をしていられるの?という作者の問いかけです。

 

しずかに耳を澄ませ

何かが近づいてきはしないか

見きわめなければならないものは目の前に

えり分けなければならないものは

手の中にある

午前八時一五分は

毎朝やってくる 

 

 核の脅威は、ある日突然やってくるのではありません。「しずかに耳を澄ませ」てその兆候を見極めなければいけません。その日がやってこないように行動を起こすのも私たち自身。私たちの「手の中にある」のです。

 朝の8時15分は毎日やってきます。そして「あの」日の8時15分が再びやってこないようにするのは、私たちの毎日の自覚なのです。

 

一九四五年八月六日の朝

一瞬にして死んだ二五万人の人すべて

いま在る

あなたの如く 私の如く

やすらかに 美しく 油断していた 

 

1945年8月6日の朝のヒロシマの人たちは、きっと次の瞬間、こんな写真のようになるなんて夢にも思っていなかったのでしょう。みんな「やすらかに 美し」い顔をして「油断していた」のです。そしてそれは、危機意識を失った私たちも同じです。危機意識を失ったとき、核の悲劇は繰り返されるのかもしれません。