盆土産


 『盆土産』の予習・復習・定期テスト対策用のプリントをダウンロード販売します。

 興味のある方はこちらからお求めください。


 先生用の指導のヒントをブログにアップしました。

 興味のある方は、こちらへどうぞ。


昭和40年前後の8月12~13日の話

 この物語の鍵は、父親がお土産に持って帰った冷凍のエビフライです。

 エビフライが家庭で一般的に食べられるようになったのは、昭和37年に加ト吉(現テーブルマーク)から冷凍のエビフライが発売されて以降です。発売当時は家庭に冷凍庫があまりなかったことや、冷凍食品の輸送が難しかったそうです。ですから、とても珍しい食べ物を持ち帰り、子ども達を喜ばせようとしたのでしょう。

 また、バスに車掌が乗っていることや、夜行の蒸気機関車が帰省に用いられていること、電話は普及しておらず、帰省の連絡に速達を使用していたことからも、昭和40年前後と思われます。

 だいたい、『となりのトトロ』よりも少し後の時代だと考えて間違いないでしょう。

 題名が「盆土産」ですから、お盆の話です。お盆とは8月13日の迎え盆から8月16日の送り盆までです。この前日の午前中に主人公は、父親のためにそばつゆの出汁に使う雑魚を釣っています。ですから、8月12日の午前から8月13日の夕方までの物語です。 

青森県八戸市周辺の話

「えんびフライ」という言葉自体も、この物語の鍵になっています。「まぁた、えんびだ。なして、間にんを入れる? えんびじゃねくて、えびフライ。」という姉の言葉から、東北地方の方言らしいことがわかります。

 父親は上野駅から夜行列車で8時間かけて帰っています。昭和40年当時、上野駅は東北線の始発駅で、上野青森間を8時間かけて走っています。従って父親は終点近くまで乗ってきたのでしょう。父親の乗った夜行列車は、上野発21:00青森着7:05の「はくつる」か23:00発9:30着の「ゆうづる」だと思います。

 ちなみに作者の故郷は青森県八戸市周辺です。ですから、八戸駅からバスで1時間程度のところ(40~50kmのところ)が舞台なのでしょうか。

父親はなぜ帰省したか

 父親は東京の工事現場で働いています。昭和40年当時と言えば、東京オリンピックに向けて焼け野原となった東京の近代化が急速に進んだ時期です。新幹線や高速道路を作るばかりでなく、国立競技場建設をはじめたくさんのインフラ工事がありました。ですから、父親はこのような工事現場で働いていたのでしょう。

 テキストに「まだ田畑を作っている頃に早死にした母親」とあります。田畑を作っていた頃は出稼ぎ労働者だったかも知れませんが、現在はそうではありません。東京への単身赴任していると考えて良いでしょう。田畑を手放したのは、母親が亡くなったため日常的に田畑の世話をする人がいなくなってしまったか、母親の治療代のために手放さざるをえなかったのか、どちらかかも知れません。いずれにせよ田畑を手放すというのは農家にとって、とても重大なことだったはずです。

 主人公はテキストで「祖父のことは知らないが」と言い、母親のことを少しは覚えているように述べています。主人公は現在小学校3年生で9~10歳です。幼い頃の記憶を持っているのは何歳くらいでしょうか。

 それは、「盆には帰らない」と言っていた父親が急に帰ってきた理由を考えるとわかります。仏教では亡くなって1年目の命日に「一周忌」、2年目の命日に「三回忌」の法要を行います。そしてその後七回忌(亡くなって6年目)、十三回忌(12年目)、十七回忌(16年目)の法要をお盆に行います。おそらく父親は「今年は七回忌の法要の年だ」ということを覚えていたのでしょう。そこで少々の無理をしても帰省したかったのではないでしょうか。

 もしそうだとすると、母親が亡くなり田畑を手放したのは主人公が三歳の時。主人公におぼろげな記憶が残っていてもおかしくない時です。

主人公は最後になぜ「えんびフライ」と言い間違えたか

 この物語を通じて、「えんび(フライ)」という言葉が登場するのは、冒頭部分の主人公と姉との会話の中と、墓参りでの祖母の言葉、

  • んだら、さいなら、と言うつもりで、うっかり、「えんびフライ」と言ってしまった。

という最後の場面の、3箇所だけです。

 「いつもより少し」強めの、「頭をわしづかみにして揺さぶる」という父親の愛情表現があり、「行かないで」とか「さみしいよ」等の気持ちがあふれてしまい「さいなら」と言えなかったわけです。

 では、なぜ「えんびフライ」なのでしょう。「えびフライをまた食べたい」とか、直前の話題がえびフライだったから、という解釈では、物語のクライマックスとして少し物足りないですね。

 

 「えんびフライ」という言葉に主人公がこめた思いとは、どんな思いなのでしょう。ヒントは、墓参りで祖母が言った「えんびフライ」にあります。

  • 祖母は昨夜の食卓の様子を(えびのしっぽが喉につかえたことは抜きにして)祖父と母親に報告しているのだろうか

 祖母が祖父と母親に報告した内容は「昨夜の食卓の様子」です。「えびのしっぽが喉につかえたこと」以外に、どんなことを報告したのでしょう。

  • 盆には帰れないと言っていた「父っちゃ」が、わざわざ墓参りのために帰ってきてくれたよ。孫を喜ばせようと珍しいえびフライを盆土産にしてな。みんなでそのえびフライを食べて楽しい食卓を囲んだよ。安心しておくれ。

 このような内容だったのだと思います。

 だとすると、えびフライには「家族の楽しい団らん」という特別な意味がプラスされます。単なるえびフライではない、「家族の楽しい団らん」という特別な意味が加わったえびフライこそが、なじみのある親しみやすい方言を使った「えんびフライ」という言葉だったのではないでしょうか。

 だから、主人公が無意識に「えんびフライ」と言ってしまったのは、

  • えびフライをみんなで食べたような、家族揃って楽しい食卓を囲む生活をしたい

という心の叫びだったのだ、と考えることもできます。

 みなさんはどう思いますか?